Welcome

任意売却をお考えなら要チェック!任意売却の事例と必要な費用について

任意売却を検討している人の中には、「任意売却の事例が知りたい」「任意売却するためにはどのようなものに費用が発生するのか」「どれくらいの費用がかかるか」を知りたいという人も多いでしょう。そこでここでは、京都のマッシュアップ不動産販売株式会社が実際に手掛けた任意売却の事例と、任意売却に必要な費用について紹介していきます。

京都のマッシュアップ不動産販売株式会社が実際に手掛けた任意売却の事例

京都のマッシュアップ不動産販売株式会社が実際に手掛けた任意売却の事例

京都のマッシュアップ不動産販売株式会社ではこれまで数多くの任意売却を手掛けてきました。下記ではその一例をご紹介します。

依頼の背景・経緯

他人の連帯保証絡みで弁済できず保証会社より差押えに悩んでいてマッシュアップ不動産販売株式会社に連絡。

ご相談内容詳細

弁済ができずに、保証会社からの督促状で所有物件の売却、相当額の返済を決められました。

その後、相場の金額を他社に査定してもらったが、1000万円以上足りずに他社は抵当権の抹消ができないため、断念されてマッシュアップ不動産販売株式会社にご連絡いただきました。

マッシュアップ不動産販売株式会社が提案した解決方法

保証協会からサービサーに移ることもあり、抵当権の抹消同意を提案いたしました。

また、売却後の支払方法なども最適な方法が選べるようにアドバイスしました。

任意売却後のお客様の生活の変化

毎月の督促状からも解放され、月々の返済も15000円ずつの支払のみになり、精神的に救われたとおっしゃってもらいました。

お客様からの感想

ご商売をされている方であったため、今後は全返済が終われば復帰されることを目標に日々頑張られております。

とにかく、督促状の日々や競売への不安から逃れられたことが一番の安心とのことでした。

任意売却の費用について

任意売却の費用について

任意売却に持ち出し金は不要

任意売却をするとなるといろいろな費用がかかりますが、基本的に持ち出し金は必要ありません。

任意売却の場合、ほとんどの費用は売却代から引かれることになり、不動産会社の仲介手数料や、滞納している管理費なども含まれます。

また任意売却によって引っ越しが必要となって場合も引っ越し代が10万円から30万円ほどの範囲であれば売却額から支払えるケースが多いです。

持ち出し金が不要な理由

任意売却では持ち出し金が基本的に不要なので、手元にまとまったお金がないという人にとっては大きなメリットになります。

このように任意売却する側にはメリットがありますが、様々な費用が売却額から引かれると返済額もその分少なくなるので、債権者側にとっては一見デメリットしかないようにも思えるかもしれません。

しかし、任意売却に多くの持ち出し金が必要となると、任意売却することができずに競売を選択する人も増えてきます。競売になると、任意売却から様々な費用を差し引いた額よりも低い売却額になるケースがほとんどであるため、任意売却してもらった方が債権者側にもメリットとなるのです。

費用が必要となるケース

任意売却の場合持ち出し金は基本的に不要ですが、任意売却をするための相談や契約、手続きの際には交通費が必要になります。

また、引っ越し代や滞納金が高額で債権者に認められない場合は、認められなかった分の費用はご自身で用意する必要があります。

京都のマッシュアップ不動産販売株式会社が実際に手掛けた任意売却の事例と、任意売却の費用面について紹介しました。

京都で任意売却をお考えの方をサポートするマッシュアップ不動産販売株式会社では、弁護士や税理士、司法書士など各専門家と連携していて、より専門的なアドバイスも行っております。

京都で任意売却をお考えならマッシュアップ不動産販売株式会社

会社名 マッシュアップ不動産販売株式会社
代表取締役 藤井 悠介
住所 〒607-8011 京都府京都市山科区安朱南屋敷町18
TEL 075-584-0555
FAX 075-584-0556
MAIL info@mashup-kyoto.jp
URL https://mashup-kyoto.com/