Welcome

任意売却が大津で必要なら【マッシュアップ不動産販売株式会社】物件の売却・住み替えに任意売却が役立つ~離婚の調停中に家を売却するには~

大津で任意売却が必要な方を親身にサポート~住み替えで物件の売却を検討するときも任意売却が役に立ちます~

大津で任意売却が必要な方を親身にサポート~住み替えで物件の売却を検討するときも任意売却が役に立ちます~

大津任意売却をお考えなら【マッシュアップ不動産販売株式会社】までご相談ください。

物件を売却して住み替えを希望する場合、任意売却が有利です。住宅ローンの残債が住宅の評価額より多くても、任意売却なら負担を軽減できます。

【マッシュアップ不動産販売株式会社】は司法書士・弁護士と提携しており、お客様に最も有利となる解決方法を提示いたします。任意売却が大津で必要になったときなど、不動産に関するお悩みがございましたらお気軽にご利用ください。

大津の任意売却は【マッシュアップ不動産販売株式会社】までご相談を~住宅ローンの返済が難しいときの解決策もご案内~

大津の任意売却は【マッシュアップ不動産販売株式会社】までご相談を~住宅ローンの返済が難しいときの解決策もご案内~

任意売却が大津で必要なら【マッシュアップ不動産販売株式会社】がお力になります。

「共働き世帯で収入が半減した」「離婚により家が不要になる」「転職で給与が減った」「子供の進学で住宅ローン返済が難しい」など、ローン返済で悩むケースは少なくありません。そのようなときの解決方法として任意売却があります。

【マッシュアップ不動産販売株式会社】では任意売却の豊富な実績を活かして、お客様のお悩み解決をサポートいたします。

離婚の調停中に家を売却するには

離婚の調停中に家を売却したいとき、その物件が婚姻後に共同で取得したものかどうかで対応が異なります。例えば結婚後に住宅を購入した場合、夫名義であっても夫婦の共有財産と見なされるため、妻の合意なしに売却することはできません。一方、相続などで結婚前から所有していた場合は所有者固有の財産となり、配偶者の同意が得られなくても売却が可能です。

売却する流れとしては、まず管轄の法務局で発行してもらう不動産登記簿から土地・建物の名義を確認します。次に不動産会社の査定書で不動産の評価額も確認しておきます。結婚後に購入した住宅の場合、財産分与の対象となるためです。評価額が住宅ローンの残債を上回っていれば、売却益を財産分与によって分け合うことになります。

しかし、評価額がローンの残債を下回る場合は残債をどう工面するか、双方で協議する必要があります。このときの最終的な処分方法が任意売却です。金融機関との交渉や専門的な知識が必要な任意売却は、専門家への相談をご検討ください。

お役立ちコラム

大津で任意売却をお考えなら【マッシュアップ不動産販売株式会社】へ

会社名 マッシュアップ不動産販売株式会社
住所 〒607-8011 京都府 京都市山科区安朱南屋敷町18番地
TEL 075-584-0555
URL https://mashup-kyoto.com